1. HOME
  2. ブログ
  3. バッチ・フラワーレメディ
  4. 【心のカゼの処方箋 vol.21】バッチ・フラワーレメディの使い方
バッチ・フラワーレメディ

【心のカゼの処方箋 vol.21】
バッチ・フラワーレメディの使い方

【心のカゼの処方箋 vol.21】貴女と家族のための、『心の救急箱』、バッチ・フラワーレメディの使い方
~本日のお悩み: 明るく振舞っていますが、実は・・・ 

シンガポールは数年ぶりの酷いヘイズの被害に遭っています。街中が白く煙り、キナ臭く、目がチカチカ、喉はイガイガ、アレルギー症状が出る方もいらっしゃいました。 

ヘイズの中、子供の運動会が行われたり、F1レースがあったりと、長時間外に出る方も多かったでしょう。ご家族の皆さん、体調を壊していませんか? 

そんな時は、「クラブ・アップル(未出)」。自分が汚い空気に汚染されているのではないかという不安を沈めます。是非、咳止め等のお薬とともに数滴飲んでみてくださいね。これは、実は風邪にも効果を表します。それは、また後日・・・ 

さて、今日のお客様は、大変朗らかな感じです。お悩み、あるのかしら・・・ 

バッチ・フラワーレメディ
イメージ画像 ©︎Healingherbs Ltd.

テーマ:明るく振舞っていますが、実は・・・ 

【クライアントR子さん】
シンガポール歴6年半。40代前半。外資系メーカーのアジアマーケティング担当。夫もシンガポールで働く。子供はなし

今日は何のご相談でいらっしゃったのでしょう? 

「こんにちは〜。友人からフラワーレメディがいいって聞いて、私、自分に必要かどうかわからないんですけど、取り敢えず紹介されたので来てみました!」 

まあ、何と明るい(笑)。 

いいですよ、何でもお話ししてくださいね。何かストレスとかありますか? 

「うーん、特に思いつかないんですけれどね!仕事とかすごく楽しく頑張ってます。シンガポーリアンの上司も同僚も、すごく協力的だし、仲良くって、仕事帰りでも一緒にご飯食べに行ったり飲みに行ったりしてます。本当にすごくいい人たちに囲まれて、私、恵まれてます。この間、昇進もさせてもらいました。」 

なるほど。とても良い環境で、仕事も充実して活躍されていますね。彼女の話はまだまだ続きます。 

「日本にいる両親とも、いつも電話しています。この間は台湾で待ち合わせをして、一緒に旅行をしてきました。いい思い出を作っています。こちらでも、日本人の仲のいい友達たちと、バンコクに遊びに行ってきて・・・」 

彼女はとても明るく、聡明な方のように見えますが、何か、隠しているようで・・・ 

そこで、聞いてみました。ご主人との関係を。 

「・・・それはちょっと・・・」 

先ほどのトーンとはうって変わって、その明るさは影を潜めました。そして、半分涙目です。 

そして静かに語り始めました。 

「・・・実は・・・主人には1年ほど前から彼女がいるようなのです・・・ここ1ヶ月、あまり家に帰ってきていません。・・・私がそれを追求したからなのかもしれませんが・・・あんなに仲が良かったのに、私のどこがいけなかったのか、本当によくわからなくて、困惑していて、どうしていいかわからなくて・・・なんで私がこんな目に遭わなければいけないのでしょう。 

こんな話、みんな聞きたくないですよね。フラワーレメディを紹介してくれた友達にはサラッと冗談のように行ってみたのですが・・・ 

会社に居ても、友達と遊んだり旅行していたりしても、彼のことが頭から離れなくて・・・本当にどうしたらいいのかわかりませんが、こんな悩んでいる私の姿、誰もみたくないですよね。だから明るく振る舞うようにしているのですが、最近限界かと・・・」 

<今日のレメディ>:

とても明るくて元気で、人気者のR子さん。その明るさの陰には、実は誰にも言えない大きな悩みがありました。自分を責めたりもしているようで、それには「パイン(未出)」、そしてその憤りの気持ちには「ウィロー(未出)」を取ると少し楽になります。 

加えて、その明るい振る舞いの陰にある深い悩みについて、彼女にぴったりのレメディを1本だけ選ぶとしたら、 

イメージ画像 ©︎Healingherbs Ltd.

「アグリモニー(Agrimony)」 

和名「セイヨウキンミズヒキ」。

イギリスの湿地などに生える低木で、長く伸びる穂に無数の花芽をつけ、夏の数日間に小さな黄色い花を咲かせます。メディカルハーブや漢方として様々な症例に使われますが、バッチフラワーレメディとしては、その花の穂を太陽法でそのエネルギーだけを抽出します。 

このフラワーレメディは、本当は深い悩みを持っているのだけど、周りの空気を乱したくないという気遣いのため、その悩みを他者に打ち明けられない、またはその悩みを敢えて見ないようにしている方のためのレメディです。特にこういった方は、聡明で明るく、周囲に気配りのできるタイプ

自分が悩んでいるということは周りの人に絶対知られたくないでしょう。でもそのうち、言いたいことも言えずだんだん苦しくなり、そして自分が思い描く「完璧な自分」を演じることができなくなり、身体にも支障をきたすかもしれません(そんな時は「ロック・ウォーター(第19回)」も合います)。 

そんな気配り女子、R子さんにぴったりあったレメディと言えます。 

これを数滴、定期的に摂ることにより、R子さんはその悩みを見つめ、解放することができるようになります。元々他者への気遣いができる方なので、持ち前の明るさとユーモアを保ったまま、信頼できる他者に上手く相談したりと、感情を解きほぐすことができるようになるでしょう。R子さんでも悩みがあるんだね、と、R子さんの人間らしい側面に触れた周りの方とは、より深い人間関係を築くきっかけになるかもしれません。そして気分が落ち着いた所で、彼との関係を冷静に見つめることができるようになるでしょう。 

バッチフラワーレメディの特徴は、ネガティブな感情からポジティブの感情に持っていくのではなく、ネガティブな感情をニュートラル(中立)な感情に持っていき、気にならなくなる、というものです。 

ですから、「毎日明るく生きています!」というよりも、1、2週間摂っていただき、「あれ?ネガティブなうつ状態が気にならなくなっている・・・」というふうに効きます。それでいいのです。 

自然の花のエネルギーを転写したものですので、化学的な保存料も入っておらず、安心してお子様、ペット、赤ちゃんにも使えます。プラセボ効果ではありませんので、人により効果の表れ方の早い・遅いはあるかしれませんが、是非挑戦してみてください。 

今までのレメディとキーワード:

下記にご紹介するバッチ・フラワーレメディ入門講座では、38種類のレメディのシンプルな使い方もマスターできます。自分と家族の心の健康のために、一生使えるレメディの知識を学んでみませんか?

マンダリン・ギャラリー(オーチャード)のサロン、HOLISTETIQUEで、バッチ・フラワーレメディの個人セッションを開始します。

予約はhttps://reserva.be/holistetique333 まで

バッチ・フラワーレメディ入門講座(6名より開催決定)

英国バッチセンターの教育システムに基づき、38種類のフラワーレメディの選び方・使い方だけでなく、バッチ博士の、身体・精神・感情の健康についての信条や哲学も学びます。

★11月平日4回コース 

日時:11月19日、26日、12月3日、10日(火)午前9時半〜午後1時  
料金:  800ドル → BYST価格680ドル(15%引き) 

★11月週末2回コース 

日時:11月23日、30日(土)午前9時半〜午後6時  
料金:  800ドル → BYST価格680ドル(15%引き) 

http://lavitasingapore.com/news/news-1256/
お申込み・お問合せは、lavitasingaore@gmail.com まで

*このレメディは、他にもいろんなケースに使えます。また、個別の状況によって、他のレメディ(38種類の中から7種類まで)も合わせて取っていただく必要があるかもしれません。選び方・組み合わせは、入門講座で詳しくお伝えします。

*レメディの飲み方や詳しい情報は、是非ホームページ(lavitasingapore.com)をご覧ください。

La Vita Counselling & Spiritual Care

38種類のフラワーレメディを知り、自分、そして家族の心の健康に、すぐ使えるようになります。
詳しくは教室詳細ページをご覧ください。
https://www.byst.sg/school/lavita

メルマガに登録して
お得な情報をGETする

* indicates required