1. HOME
  2. ブログ
  3. クラフトビール解体新書
  4. 【クラフトビール解体新書 vol.7】気軽にお安く ホーカー飲みを極めよう! パート2
クラフトビール解体新書

【クラフトビール解体新書 vol.7】
気軽にお安く ホーカー飲みを極めよう! パート2

シンガポールビールマスターHiroseが教える
【クラフトビール解体新書 vol.7】
気軽にお安く ホーカー飲みを極めよう! パート2

皆様、こんにちは。

楽しくビールライフをエンジョイしていますか?

日本ではまだまだクラフトビールのお店やブリュワリーが増えているようで、知人のSNSなどで色々なお店がアップされていて、めったに一時帰国できない私としては、定期的に日本に帰れる方がうらやましい限りです。

その代わり、同じく勢いのあるシンガポールのクラフトビールマーケットをリサーチし、楽しんでいる毎日です。

気軽に飲めるホーカークラフトビール店は、今年に入ってからもじわじわと増えつつあるようです。もしおうちの近くにあれば、帰りがけに一杯、休みの日にふらっと、色々な用途で使いやすいですもんね。

前回に引き続き、様々な地域のお店をご紹介いたしますので、身近なお店を見つけて、ぜひトライしてみて下さい!

ホーカー飲みはお値段もバーなどよりはかなりお得ですし、自分の好みのローカルフードと合わせられる自由度もあったり、ランニング後に汗をかいたままでも気兼ねなく座れたりしますし、バーで飲むのとはまた違う楽しさがあります!何よりフードコートでクラフトビールという業態は、日本や他国にはほとんどない、シンガポール独特のスタイルなんです。

せっかくのシンガポール生活なので、一度は体験してみましょう!

では、今回も紹介していきます!

<広瀬礼仁>
シンガポールのクラフトビール専門店「SG TAPS」店長兼ウエイター。
当地シンガポールにて、クラフトビール業界に5年程関わったのち、2018年4月に独立。ビールを始め、日本酒、ワイン、ウイスキーなど、アルコール文化に対する愛は誰よりも広く深いと自負している。

[Joyride Craft Beer Bar] 

6A Shenton Way #01-01 Downtown Gallery S068815

このジョイライドは、シェントンウェイに昨年できた、話題のお店がいくつも入っている「ダウンタウン・ギャラリー」内の、The AutoBusというモダンなカフェに隣接するクラフトビールショップです。

ここはカフェというよりは、いくつかのお店の複合体といった感じで、オープンな雰囲気はホーカーにかなり近い感じです。おしゃれでヘルシーそうなサラダボウル、モダンな丼屋さん、サンドイッチ、本格コーヒーなどのお店が隣接していて、クラフトビールと一緒に味わうことができます。

クラフトビールショップには、二種類のドラフトビールと約50種類のボトルビールが用意されています。

ドラフトは珍しいデビルズ・ピークという南アフリカのビールで、他にも「ダーリン・ブリュー」など南アフリカの瓶ビールが多く見られます。南アの食品を輸入する業者さんが提携しているようです。

ドラフトは$10とリーズナブルで、南アフリカとアメリカのボトルビールも$12~16と、オフィスエリアとしては比較的リーズナブルな価格で購入できます。

金融オフィスエリアのど真ん中という事もあり、エグゼクティブ層を視野に入れたお店のコンセプトは、他のホーカーと一線を画す1ランク上の質感ですが、それにもかかわらずとても気軽に利用できる価格帯です。

近くで働いている方や近隣のエリアにお住まいの方は、一度訪ねてみて下さい。

  • 価格:雰囲気を考えるとリーズナブル
  • クオリティー:良い
  • 雰囲気:アーバンな感じ
  • トイレ:きれいだがやや離れている
  • アクセス:わかりやすい
  • 一口ポイント:おしゃれでヘルシーそうなコンセプト

[Otto Berlin Haus]

211 Lor 8 Toa Payoh Singapore 310211

トアパヨという、あまりクラフトビールとは縁のないエリアに建つHDB下の、庶民的なホーカー内にかなり前からある、ドイツビールのお店。

「ホプブロイ」というドイツの生ビールを3種類提供していて、ドイツスタイルの大きなグラスで$12ほどと、とてもリーズナブルに伝統的なビールを楽しむことができます。

複雑になってしまった近頃のクラフトビールに比べ、モルトの味を優しく残した伝統的なドイツビールは、シンプルに体に沁みます。

またこちらは、ドイツ料理店も隣接していて、豚すねのグリルやソーセージなどの本格的なドイツ料理を比較的安価で味わうことができます。料理はどれもボリュームがあり、おつまみとして食べるなら何人かでシェアする方がいいかも知れません。

他にも同じホーカー内に、麻辣香鍋や和食のお店などもあり、ビールがより進んでしまうおつまみのバラエティーです。

土日もやっていて、お昼から開いているようですので、まだ陽の高いうちからほろ酔いになってみるのもいいのではないでしょうか?

MRT赤ラインのブラデル駅が最寄ですが、正直ちょっとわかりづらい場所です。マックリッチー貯水池にウオーキングに出かけたついでにでも足を伸ばしてみては?

  • 価格:安い
  • クオリティー:良い
  • 雰囲気:まさにローカルホーカー
  • トイレ:汚い
  • アクセス:わかりづらい
  • 一口ポイント:ホーカーのビール専門店としてはかなり古い

[The Bullion Hawker]

396 E Coast Rd Singapore 428994

イースト在住者の方には嬉しい、2か月ほど前にイーストコーストロード沿いに新しくオープンしたホーカーセンターの中のクラフトビールショップ。

ドラフトは2種類で、珍しいチェコのダークビール「Kozel」も提供しています。$12ほど。

ボトルと缶の揃えがなかなか良く、アメリカ、イギリスのクラフトビールを中心に、古き良き英国エールから最近はやりのニューイングランド系まで、幅広い客層をカバーできるバラエティーを揃えています。価格は$12~16とホーカーとしてはやや値が張りますが、他で飲むよりはリーズナブルです。

食事は、チキンライスやタイ料理など、おつまみにもメインにもできるようなお店が揃っていて、クラフトビールのバラエティーと合わせると、何度来ても飽きの来ない組み合わせとなります。

何より嬉しいのは、ホーカーとしてはかなり遅い深夜0時まで開いていてくれることです。ただ、フードは早く閉まってしまいますので、ビールだけになってしまいますが(隣にセブンイレブンがあるのでつまみは調達可)、飲み会の後などにもう一杯だけ飲んで帰りたい、なんて時には重宝するお店だと思います。

イーストコーストロードの路面店としてはそこそこ目立つ立地ですので、イースト方面のクラフトビール好きの新たな憩いの場になるのではないかと思っています。

  • 価格:まあまあ
  • クオリティー:良い
  • 雰囲気:ホーカーとしてはキレイめ
  • トイレ:まだ新しいのできれい
  • アクセス:イースト住人ならたいがい分かる
  • 一口ポイント:イースト方面の期待の新星

[The Depot]

3 Depot Cl, Level 4 Singapore 109840

次は逆方面に飛んでウエストですが、このザ・デポットは非常にわかりづらく、普通に歩いていたらまず見つかりません。私自身なんでこの店を発見できたのか、自分でもよくわかりません(笑)。

HPなどが入っているオフィスビルの4階にあり、基本的にはこのビルの社員のためのキャンティーンと思われるフードコート内にあります。またこのフードコートの入り口が頑丈な鉄扉なので、入っていいのか悪いのか、一瞬躊躇します。

しかし、中に入るとここがかなり特別でくつろぎやすい空間であることがわかります。

エアコンが効いた清潔なホール内、緑がちりばめられた落ち着くインテリア、一面ガラス張りの壁からは外の景色が一望でき、なんとホーカーなのに皮張りのソファー席が並んでいます。シンガポールでは1,2を争う美しいホーカーではないでしょうか?

その一角にクラフトビールコーナー「ザ・デポット」がありますが、ここもまたホーカーの店舗というよりは、独立した1つのバーのような外観になっており、ビールだけでなく、きちんとしたマシーンで淹れたコーヒーも格安で(エスプレッソ$2など)提供しています。

ドラフトビールは2種類。トラブル・ブリューイングというシンガポールのクラフトビールをサーブしていますが、驚くのはその価格。グラスがやや小さめではありますが、6ドルネットという驚愕の価格です。18時までのハッピーアワーは何と$4。ドラフトビールとしては間違いなくシンガポール最安値でしょう。ピッチャーは$25(ハッピーアワー$20)。原価の高いクラフトビールでありながらタイガービールより安いとは、恐れ入るほかありません。

食事も自分たちでバーフードを用意しておりこちらも$6と安価。他にも四川料理や和食など、おつまみとしては申し分ないお店が入っています。ただ基本キャンティーンなので、食べ物はバーフードも含め18時頃には全て終わってしまいます。ビールだけは22時まで飲めるようです。

シンガポールにもまだまだ知られざる店があるのだなと、私自身改めて思わされたこの一軒。一度訪れてみると、ホーカーとは思えない居心地の良さを体験していただけると思います。

  • 価格:格安
  • クオリティー:ビールのクオリティーは普通
  • 雰囲気:ホーカーとは思えない居心地
  • トイレ:きれい
  • アクセス:ビル内に入ってなおわかりづらい
  • 一口ポイント:恐ろしく雰囲気の良いホーカー

[Xi Jiu Craft Beer (囍酒)]

Stall 44, Pasir Panjang Food Centre Singapore 118543

パシル・パンジャン駅の目の前のホーカーに最近できたばかりのクラフトビールショップで、シンガポールの古参クラフトビール、オンタップを扱っています。

ピルスナー、ウィート、イングリッシュ・エール、ポーターなど、各カテゴリーをまんべんなく網羅した10種類のタップを用意しており、ホーカークラフトビール店としては珍しく小サイズもあるので、少しだけ飲みたい時や、色々試したい方にはありがたいのではないでしょうか?

パイント$10~14です。

オンタップのビールは、シンガポールでも歴史の長いクラフトビールの一つだけあって、バラエティーが広く品質も安定しており、ニュートンやチャイナタウンのホーカーでも見ることができます。ホーカーセンターに特化したクラフトビールという、世界でも稀にみるジャンルです。

食事はシーフードや手羽先の店が多く、どことなくニュートンサーカスのような雰囲気です。

駅のエスカレーターを上がって目の前ですので、とても行きやすい店だと思います。

  • 価格:まあまあ
  • クオリティー:まあまあ
  • 雰囲気:雑然としている
  • トイレ:汚い
  • アクセス:駅直結
  • 一口ポイント:昔からの有名ホーカー

[沖縄居酒屋天喜 Okinawa Izakaya Tenki]

26 Tai Seng St, #01-02 Singapore 534057 Chef Avenue

実はこちらはクラフトビールではないのですが、ホーカーで珍しいビールという点ではギリギリ引っかかるかなということで、個人的な沖縄への思い入れだけで記載させていただきました。

シンガポールのホーカーセンターに沖縄料理があることを皆さんご存知でしょうか?

ブレッドトークや栄寿司、いちばんぼしなどの大グループの本社ビルが近接することで(同業者的には)有名な、タイセンというMRT黄色ラインの駅。そのすぐ上にあるフードコート「シェフ・アベニュー」の中にあります。

この「シェフ・アベニュー」がそもそも全体的に日本ぽい雰囲気になっているのですが、フードコートの店舗で、日本料理ではなくあえて「沖縄料理」と書かれたお店は、シンガポールでは唯一のみならず世界的にみても珍しいのではないかと思われます。

こちらの「天喜」では、沖縄そばやゴーヤチャンプルーといった料理と一緒に、オリオンビールを提供しています。ホーカーでオリオンビールを飲めるというのはある意味クラフトビール以上に珍しく、個人的な事で申し訳ないのですが、沖縄好きで沖縄に住んでいた身としては、涙が出るほど嬉しいです。

沖縄料理の味としては、沖縄出身の方が納得できる味とは言い難いのですが、ホーカーフードとしてはかなり頑張っているレベルだと思います。小鉢やみそ汁がついて$7.5くらいですので、価格的にも相当リーズナブルです。味もとても美味しいですし、白米の代わりに玄米を選択できるというのも、ホーカーフードとしては画期的です。

そして沖縄と言えばオリオンビールですよね。

もちろんこちらの料理とはよく合います。しかもプロモーション中で一缶$5と格安でした。

定食以外にもおつまみ的なフードも色々ありますし、ビールもオリオン以外にクラフトビールがいくつかあります。

酒類のコーナーが別に設けられていて、缶ではなくちゃんと焼酎を使った梅酎ハイなどもあります。

個人的な思いですが、沖縄料理が「日本食」の枠を超えてホーカーに進出したことがとても嬉しく、またのん兵衛にはもってこいの場所ではないかと思い、挙げさせていただきました。

  • 価格:安い
  • クオリティー:とても良い
  • 雰囲気:かなりきれいなホーカー
  • トイレ:とてもきれい
  • アクセス:駅直結
  • 一口ポイント:ホーカーで沖縄を感じられる

[Smith Street Taps]

335 Smith St, #02-062 Singapore 050335

最後にもう一つ、このコラム初回の「ホーカー飲みを極めよう」でも紹介させていただきましたが、ホーカークラフトビールのパイオニア「スミスストリート・タップス」が、リニューアルを経て店舗を拡大しました。

既存の店舗では12タップのドラフトを出していましたが、以前ボトルショップとして営業していた姉妹店「グッド・ビア・カンパニー」を改装し、新たに8タップのドラフトを追加。計20タップを堪能できる、フードコート店舗としては世界的にも唯一無二のクラフトビール専門店へと変貌を遂げ、我々の前に帰ってきました。

一度書かせていただいているので詳細はそちらを読んでいただければと思うのですが、バーに勝るとも劣らない品質管理でホーカーにクラフトビール専門店を出店し、マニア垂涎のビールたちをホーカーという限りなく間口の広いスタイルで提供し、結果としてクラフトビールの敷居を数段下げた形で世に浸透させた功績は枚挙にいとまがない、控えめに言っても世界レベルで稀有な店です。

周りを囲む店も、クレイポットライス、点心、ダックヌードルなど、シンガポールの老舗名店が揃いも揃ったりという布陣。

最高のクラフトビールと最高のローカルフードを同時に味わえる。ホーカー飲み最高峰の店だと言えます。

「スミスストリート・タップス」こそがホーカークラフトビールの出発点であり、今もなおその最先端であり、到達点とも言えるでしょう。

チャイナタウンという恵まれたロケーションでもあるので、シンガポールにいる間に一度は訪れていただきたいお店です。

私自身が、クラフトビールの最新トレンドをリサーチするときに、真っ先に行く場所です。

  • 価格:安い
  • クオリティー:最高
  • 雰囲気:改装して少しきれいになった
  • トイレ:前よりはよくなった。10セント必要
  • アクセス:チャイナタウン駅から徒歩5分
  • 一口ポイント:ホーカークラフトビールの頂点の一つ

いかがでしたでしょうか?

クラフトビールの間口をぐーんと広げてくれる、ホーカークラフトビールショップは、私にとっても嬉しい存在。紹介すると必ず喜んでもらえます。

以前のコラムでも書かせていただきましたが、フードコートスタイルでクラフトビールが出店できるというのは、元々のフードコート文化の定着に加え、品質管理、衛生管理、クラフトビールの価格がホーカーでも受け入れられる経済基盤など、他の国ではなかなか成立しづらい、シンガポールだからこそできる珍しいスタイルなのです。

日本でも近頃ショッピングセンター内のおしゃれなフードコートでクラフトビールを提供するお店が増えてきていますが、そういったファッショナブルでデート向けな雰囲気とは、シンガポールのホーカースタイルはまたちょっと違います。

クラフトビールの入り口としてもちょうどいいと思いますので、もしおうちやご職場の近くの店がありましたら、気軽に試してみて下さい!

SG TAPS
島内唯一シンガポールのクラフトビールが10種類、生で飲めるシンガポールビール専門店。 ボトルビールでは更に、日本、香港、ベトナム、台湾、インドなどのクラフトビールを揃え、アジアのクラフトビール文化を底上げしていきたいと考えている。 ラクサピザ、奄美鶏飯風チキンライスなど、ローカル、和洋食を絶妙に組み合わせたユニークなフードも人気。
https://www.facebook.com/SGTAPS13/

メルマガに登録してお得な情報をGET!