1. HOME
  2. ブログ
  3. 誰かに話したくなる色の話
  4. 明日ちょっと誰かに話したくなる色のお話 vol.4
誰かに話したくなる色の話

明日ちょっと誰かに話したくなる色のお話 vol.4

明日ちょっと誰かに話したくなる色のお話 vol.4
〜エルメスにみる配色技法〜

シンガポールでラブバードカラーサロンを主宰している小川良子です。

毎月誰かに話したくなる色のお話しをさせていただきますのでよろしくお願いします。

ラブバードカラーサロン主宰
パーソナルカラーアナリスト

小川良子

色彩検定1級
カラーデザイン検定1級

旅行で訪れたシンガポールに恋し、再度渡星。日本語教師としてのキャリアをスタート。その後、シンガポール人と結婚し、主人の転勤に合わせて日本、中国と生活の場を移す。

上海で暮らしていたときにパーソナルカラーアナリストに出会い勉強を始める。

2018年にシンガポールへ帰国し、現在は「色の力を使って、内面と外見を応援する」をモットーにBedokの自宅のラブバードカラーサロンにてカラー診断やレッスンを行う。  

【エルメスにみる配色技法】

女性の憧れの高級ブランド!
数あるブランドの中でも「エルメス」は上位にあげられるのではないでしょうか?

ブランドに疎い男性でも「エルメス」は何色?と聞いたらきっとオレンジと答えが返ってくると思います。

少し明るさを抑えたオレンジなので、重厚感があり高級感漂いますね。 ではエルメスの紙袋の色は?

ブラウン×オレンジの配色が頭に浮かぶと思います。
ブラウンオレンジを混ぜたものなので、

ブラウン×オレンジ

は万人受けするとても馴染みのよい配色となります。
この配色技法を
「トーンオントーン」
といい同じ色相の濃淡の配色になります。

アイシャドウ

シャツ×ネクタイ

ネクタイの柄

などにもトーンオントーン配色が多く見られます。
 
この様に配色は共通点がある方が馴染みがあり万人に受けます。
 
配色は自由であり正解はないのですが、ルールを知ることで、感覚に理論が加わるとより説得力が増します。
 
是非ご自身のアイテムで「トーンオントーン」作ってみてくださいね!
 

楽しく日常に役立つ「色彩学」を学ぶことで生活が

カラフルになります!またご自身に「似合う色」も

見つけていくことで、外見が整い自信が生まれます!

是非「色」を一緒に学びませんか?

ラブバードカラーサロン

グリーンライン ベドック駅徒歩1分

美色コーディネート初級・中級
プロ診断士養成講座もご用意しております。

是非お問い合わせください。

メルマガに登録して
お得な情報をGETする

* indicates required