1. HOME
  2. ブログ
  3. シンガポールからショートトリップ
  4. シンガポールからショートトリップ vol.5【ビンタン島編 】~後編~
シンガポールからショートトリップ

シンガポールからショートトリップ vol.5【ビンタン島編 】~後編~

シンガポールからショートトリップ vol.5【ビンタン島編 】 ~後編~
いま大注目の5つ星リゾート『The Residence Bintan』でマリーンアクティビティとスパ。充実リチャージの1泊2日

後編はサンセット&蛍観賞ツアーの後の夕食タイムからお届けします。

ツアーからホテルに戻ると20時を回りすっかりあたりは真っ暗です。

波の音や野生生物の鳴き声などが懐かしくも感じ、田舎で育った私はなんだかほっとします。  
シンガポールだと車や工事の音ばかり。こうやって自然の音に耳を澄ませることなんてないので、こういった環境は貴重ですね。

夕食はインドネシア料理の『RICA RICA』

昼間は白と黒でシックに統一され、光も差し込みとても開放的。外席もあり。
週末はランチも営業しているということです。

ビンタンと言えばまずはこれ!

おいし~い。キンキンのビンタンビールが朝早くから遊びつくした体全体に染みわたり、一日の疲れを一瞬で吹き飛ばしてくれます。

お通し的に出てくる海老せんをつまみながら、4種のチリを肴にビールが進みます。

お楽しみの料理の登場です。

前菜のホタテソテーがなんと激辛!Caramelizedって書いてあったので、てっきり甘辛ソース的なものと思って頼んでしまいました。 お気を付けください。

私の大好きなビーフルンダン(このブログを書くまでビーフレンダンって呼んでいたのですが、調べてみるとどちらでもOKだけどルンダンの方が一般的??)

見た目は茶色かたまりですが、4時間煮込んでいるらしく肉がびっくりするほど柔らかいです。 
余談ですが、シンガポールでも美味しいビーフルンダンのお店(ホーカーでも)が沢山あるので是非試してほしいです。 はまる人ははまります!

最後にデザートを平らげ、長かった一日目も終了です。

ビンタン旅行 2日目

2日目もアクティビティが盛りだくさんなので、早めに寝て、日の出に合わせて起床。

The Residence Bintanは東海岸なので、とても美しい日の出を見ることができます。

写真だと伝えきれない美しさです。

ビーチを少し散歩してから朝食へ向かいます。

見てください、ビンタン島でこの透明度!

かわいい貝殻がたくさん見つかります。

こんなかわいらしい生物まで。

自然に身を任せ、ビーチをゆっくりと散歩していくと朝食会場へ到着です。
洋食からインドネシア料理までかなり多くの品目が並びます。

種類が多いと2、3泊しても飽きないので、ポイント高いですね。

軽く朝食を済ませると、私はヨガクラスへ

ホテルゲスト向けのヨガクラスを毎日開放しているようで、体を少し動かすと朝からスッキリとした気持ちで一日を迎えられるのでオススメです。

なんとこのヨガインストラクターは昨日の蛍ツアー船長の姪っ子でした。

さて、まだ午前9時。今日も朝から充実した始まりです。

この後はいよいよマリーンアクティビティに挑戦です。

ホビーキャット カタマランで風を感じて

本日一つ目はホビーキャット カタマラン。
初心者でも楽しめる本格派双胴船ヨットで、安定感と疾走感をあわせもつため、レベルに関係なく楽しめるマリンアクティビティです。
※6歳以上から

インストラクターにある程度の操縦方法を習うと、自分で舵を取ることができます。 風の方向を感じてジグザグに目的の方向へ向かいます。
『キャプテーンかっこいいです』なんてインストラクターに言われて上機嫌のパパ。 子供から尊敬のまなざしで見られ、パパ好感度UP間違いなしです。

初心者向きとはいえ、風をうまく受けれないと全く動かない。
もちろん無風の状況もあるわけで、そんなときはインストラクター曰く『風が来るまでまったりしましょう。』
そうそう、今はバケーション中。急ぐ必要は全くないの。

このビーチはかなりの遠浅なので、数百メートル沖まで行っても腰までもない深さ。万が一全く風がなく動かない場合は押す!らしい。

この日は風がちょうどよく吹いて、かなりのスピードで進むことができて、海と空、この大自然を大いに満喫。

夫婦の相性が試される!?カヤック

次は自分の体を使って海原へ!

・・・・・・・

大海原の開放感をお届けしたいところでしたが、なんと、オールでこぐことに夢中で写真を全く取らずに終えてしまうという失態。

アクティビティとしてはオールをひたすら漕ぐので、程よい運動になって楽しいですね。 

このカヤック、なによりも夫婦の相性が試されます。 
『右右!!!』 

『こう?』 

『違う!行き過ぎ!もっとゆっくり』

『これくらい?』

『だから、違う~。もうあなた一人で漕いで!よろしく。』
↑息が合わないとこうなります。

いずれにせよ、カヤックは動いているので子供は真ん中でキャッキャ言って楽しんでいるのでOK!

ここのビーチには遠浅を利用した名物のブランコがあります。
インスタ映え必至の撮影スポットですのでお試しあれ。

最高の透明度の美しいビーチでしばし遊んだ後は、最後のアクティビティ。
大人のためのご褒美スパタイムです。

子供を前回紹介したKAKATU KIDS CLUBへ預けて、大人たちは至福の旅へ出かけましょう。 

待ちに待った大人の時間。心も体もゆっくりと癒されるスパトリートメント

施術部屋はひとつづつビラに別れ、夫婦や友人と一緒のお部屋で受けることができます。

ここで一つ押しポイント!
用意されているガウンの着心地が抜群にいいの!
これだけでも全然気分が変わりますよね。

まずは足を洗い、そしてスパセラピーのスタート。

至福の時が過ぎるのはいつでも早いもの、いつの間にやら夢の中にいたみたい。
詰め込み過ぎたこの2日の疲れがたまっている全身をしっかりとほぐしてもらいました。 
沢山遊んで最後にスパで癒されるコースはなかなか贅沢。

2日間丸々遊びつくしたこの旅もいよいよ終了。
帰りは17時30分発のフェリーなので、ホテルを15時に出発します。

前日の朝8時にビンタン島に到着してから約30時間。
1泊2日の週末トリップなのに、こんなに沢山遊べたのは初めて。
シンガポールからフェリーで50分というのはビンタン島の最大の魅力。
そして、こんなにきれいな海があるなんてほんとうに大発見の旅でした。

帰りのフェリーでも最高の夕日が私たちの旅を締めくくってくれました。

最後に息子がフェリーの中で一言、

『ママ、凄く楽しかったよ。また来たいな』

この一言が今回の旅のすべてを表しているかな。
今回紹介した『The Residence Bintan』、ショートトリップをお探しのファミリーなら一度は行ってみる価値ありです!

追加情報:
Garden Terraceテラスを選ぶと広いベランダがついています。

 

今回の宿泊パッケージ 
The Residence Bintan 1泊2日(土曜発)
Beachfront Villa with Pool 
大人2名+子供1名(5歳)合計$553
<Garden Terraceに宿泊の場合は$429>

含まれるもの

  • ビンタンリゾートフェリー往復フェリー代金 エコノミークラス利用
  • ホテル宿泊代金1泊分 チェックイン/アウト 1500/1200
  • The Dining Roomでの毎朝食つき
  • ビンタン島フェリーターミナル~リゾート間の往復送迎
  • 子供用ソファベッドのセットアップ

※上記料金は14日以上前にお申込みの場合のアーリーバード料金。 
※子供がエクストラベッドを利用する場合は$50/泊が別途必要。 

今回利用した旅行会社

ジパンリゾートトラベル

東南アジア、インド洋、中東、アフリカ、オセアニア等が得意。特にモルディブは幅広いリゾートとオプションを取り扱っています。
シンガポールから直行便で行ける所はほとんど網羅しています。

63 South Bridge Rd, Singapore 058693
ウェブサイト: https://zipantravel.com/index.html
問い合わせ: +65 6535 8002 / sales@zipantravel.com

メルマガに登録して
お得な情報をGETする

* indicates required