1. HOME
  2. ブログ
  3. フード
  4. 【話題の新店潜入レポ vol.6】「銀だこ」がシンガポールに戻ってきた!
フード

【話題の新店潜入レポ vol.6】
「銀だこ」がシンガポールに戻ってきた!

【話題の新店潜入レポ vol.6】
「築地銀だこ」がシンガポールに戻ってきた!

駅の周辺に大きなモールが3つも存在するJurong East駅。その中の一つ、
JCube に銀だこがオープンしたと聞きつけ、早速行ってきました!

場所はウエストエリアに待望の進出を果たしたJCube内のドンキホーテのフードコート内。ドンキホーテは JCube店でシンガポール7店舗目というスピード展開。

訪れたのはオープン4日目の平日14:00近く。ランチが終わっている時間にも関わらずフードコート全体も銀だこの店舗もかなりの混みよう。

銀だこが復活!との噂を聞きつけたシンガポール人が長蛇の列を作っておりました。

実は私、大の銀だこファン💛
日本に帰省する際は行く先々で店舗を見つければ必ず食べていました。

たこ焼きの種類は現時点でオリジナルと明太チーズの2種類だけのようです。他にお好み焼きや焼きそば、ビールとのちょい飲みセットなどもありました。

作っているたこ焼きプレートを見ていると何やら揺れています。(写真だと全くわかりませんが。。。)

そうなんです、スタッフの方に聞いてみたところこの自動で揺れるプレートの揺れを利用し、たこ焼きが丸まるのを簡単にしたようです。

もちろん、人の手でマニュアル管理していきますが、このお陰で職人によってばらつきが出ていた焼き加減もむらなく、また銀だこの特徴でもある表面カリッを実現していました👏

こちらはオリジナル 6個 $5.90 / 8個 $7.90

なかはふわふわ。
(私の日本でのイメージは中がトロットロなので銀だこを元々知っている方ならトロトロは期待しちゃうかも!)

ただ一緒に行った大阪出身の友人は初銀だこ!と今まで食べた事のない方も当然いるわけで、ふわふわ好きかトロトロ好きかは好みが別れるところかもしれませんね。

シンガポールで美味しいたこ焼きが食べられるなんて❣

もう一種の明太チーズ (6個 $6.90 / 8個 $8.50)は持った瞬間チーズが伸びる伸びる!!
この組み合わせはシンガポール人も絶対好きなはず。 

個人的にはてりたまおろしポン酢のねぎだこの2種が大好きなので、メニューに追加してくれることを切に願っています🙏🙏🙏

そしてお好み焼き $6.50
生地もふわっふわでキャベツの甘みを感じます。
空気を含んだのかと思うほどかるーい仕上がり。

たこ焼きとお好み焼きを一つずつ買ってシェアするのがいいかも。
(とはいえ、私みたいなたこ焼き好きはもちろんたこ焼きx2種!)

銀だこはローカルの人達にも人気で『待ってたよ!』や『これでマレーシアまで行かなくてよくなった!』などというコメントがFBでは寄せられていて、日本人だけでなく、誰もが待ち焦がれていたお店。

このフードコートエリアには銀だこの他にもラーメンやサバ、うなぎ屋さんやほっともっとなど9店舗ほどが入っているので、色々と楽しめそう。
1日中行列で20~30分並ぶこと必至ですが、たこ焼き好きの方にはかなりの朗報なので、是非行かれてみてください。

Gindaco JCube

Address: Jcube2, Jurong East Central 1, 609731
営業時間:10AM-10PM
#gindaco #gindacosg

メルマガに登録して
お得な情報をGETする

* indicates required