1. HOME
  2. ブログ
  3. &Hによる暮らしのノート
  4. 【&Hによる暮らしのノート】ヘルパー/メイドのいるシンガポールライフ vol.5
&Hによる暮らしのノート

【&Hによる暮らしのノート】
ヘルパー/メイドのいるシンガポールライフ vol.5

【&Hによる暮らしのノート】
ヘルパー/メイドのいるシンガポールライフ vol.5

ヘルパーさんを雇う習慣のない日本人にとって、ヘルパーさんとの毎日の暮らしは発見だらけ。私たちの常識は通じない!?まさか、そうする!?と度肝を抜かれることも度々。ヘルパーさんとの暮らしの中のほっこりエピソードを&Hがお届けします。

■私のまわりのヘルパーさん ~その5~■

シンガポールで初めてバスに乗ったウチのヘルパーさん。

「前から乗ってEZリンクをタップして、降りる時に後ろのドアのところでまたタップするんだよー」とけっこう丁寧に教えた。

「じゃあ今日は前に教えたスーパーに1人で行ってみよう!」とお使いに出した。

帰ってくるなり「Maam,バスがネバーストップでした…」とヘルパーさん。

え?なんでナンデ?

「私は降り口に立ってたけどバスが止まってくれませんでした。

でもなぜか次のバス停で止まったから引き返してきました。」と。

「…降りますーってボタン押した?」

「え?ボタン?」

あー、それねー。

…ゴメン。

教えるの忘れてた(・・;)

ってかそのシステムは万国共通ちゃうんかい。


■私のまわりのヘルパーさん ~その6~■

シンガポールに来る前は中東で働いていたウチのヘルパーさん。

日用品がなくなったらしく、「Mam,サップを買ってください」と言ってきた。

サップ?なんだそれは?と聞くと
「サップです。あのー、サップ」と。

なんかのスープが欲しいの?と聞くと
「スープじゃないですー。サップです。サップ。えーと…サボン‼︎サボンです。」

「あー、わかった!サボンね。スープじゃなくてソープ!顔とか体とか洗うのね!」
「そうです!サップ(soap)です。」

「ナルホドね、フィリピン風に発音するとソープはサップになるのね。OK、わかった。こないだと一緒の固形のやつ買ってくるよ」と言うと
「Mam はなんで英語だと通じないのにアラビア語だと通じるんですか?」と不思議そうに言われた。

それはー…
外来語ならなんでも受け入れる日本人だからじゃね?

&H [アンドエイチ] は、2018 年に4人の主婦が外国人ヘルパーさんを雇用する、または関心がある日本人のために結成したFacebookコミュニティです。
外国人ヘルパーさんと良好な関係を築くためのヒントや情報などをお届けしています。
現在ヘルパーさんを雇用している方や、これから検討している方、ご興味がある方は是非グループにご参加ください。

Facebookグループはこちら
※このコミュニティは承認制です。安全な運営のために、簡単な3つの質問にご回答ください。
※QRコードからアクセスいただく、もしくはFacebookで「シンガポール ヘルパー」と検索していただくことも可能です。

&Hに関するお問い合わせ、ご質問などはこちらまで
and.h.singapore@gmail.com

メルマガに登録してお得な情報をGET!