1. HOME
  2. ブログ
  3. 子供の遊び場
  4. 【シンガポール 子供の遊び場 vol.4】スクールホリデーはセントーサ島の『キッザニア』で職業体験!
子供の遊び場

【シンガポール 子供の遊び場 vol.4】
スクールホリデーはセントーサ島の『キッザニア』で職業体験!

子供の遊び場

290

【シンガポール 子供の遊び場 vol.4】
スクールホリデーはセントーサ島の『キッザニア』で職業体験!

いよいよスクールホリデーシーズン到来ですね。
毎日どこに連れて行こうか悩まれてる方も多いことでしょう。
今回はセントーサ島にあるキッザニアシンガポールをご紹介します。

ハーバーフロント駅直結のVivoCityからセントーサエクスプレスに乗り、終点のビーチロード駅で下車、そこから徒歩5分ほどのところにあるキッザニアシンガポール。
タクシーで行く場合はキッザニアシンガポールと伝えると隣のタクシードロップオフに到着します。

カタール航空の飛行機が目印です。

本物の飛行機を持ち込んでいるので迫力満点!
実際に飛行機がここまで運ばれる様子が受付横のビデオで流れています。

81,000 スクエアの敷地内で3~17歳の子供たちが約50の職業を体験できるテーマパークです。
日本には東京大阪にあり、2020年には名古屋に開業を控えています。

シンガポールなので職業体験は全て英語ですが、スタッフの方や周りのお友達が一緒に助けてくれるので英語が苦手というお子様でも大丈夫!

さて、さっそくチェックイン(キッザニア風?)していきましょう。

カタール航空さながらの受付カウンターで予約を確認、ボーディングパスを受け取り、家族が離れ離れにならないように、ICチップが入ったリストバンドを装着します。

施設内で使えるお金とバンクカードを受け取り、出発ゲートからいざ出発です!

スクールホリデーの時期ということで、平日の朝11時でも多くの家族連れやスクールツアーの子供たちで賑わっていました。

まずは銀行(Maybank)に行って、カードをアクティベイトしに行きます。
受け取った現金も貯金して、この後のアクティビティに使えるようにします。

アクティビティ内は大人が入場できないので、子供たちが自分自身ですべてをこなさなければいけません。 
5歳になったばかりの息子、大丈夫かな?という親の心配をよそにカードに名前を記入してもらい、このどや顔。 
自分だけの初めてのカードができてご機嫌です。

このカードを使って、仕事をする場合はそれに応じた対価(Kizzo)がたまり、食べ物などを作ったりして購入する場合はKizzoを使って支払いをします。

まずは前日から一番やりたいと言っていたピザ作り体験からスタートすることに。 

ピザ作り飛行機体験は時間ごとに予約制になっているので、予めキューカードを一階の予約センターで登録しなければなりません。

こちらがキューカード。
時間5分前にお店に集合です。

スポンサーは『Pizza Hut』。体験ルームの隣では飲食店として通常営業中です。
※ちなみにキッザニアは持ち込み禁止ですが、園内でしっかりと食事が取れます。

このアクティビティは4歳以上、所要時間30分、ピザを買うことになるので、10kizzoかかります。

かかりのお姉さんから配られたエプロンやハットなどを着て準備万端!
一緒に体験するお兄さんたちがすごく優しくお世話をしてくれます。
しかし一人だけ小さいなぁ。

しっかりと説明を聞いたら、ピザ職人体験スタートです。

まずはバンクカードからピザ代の支払いをし、自分のスポットへ。

まずは生地にローラーを引いて、トマトソースを引きます。
難しい作業は大きいお兄ちゃんがサポートしてくれるので安心ですね。
みんな優しい。こうやって協力しあう事を学んでいくんですね。

好きなトッピングを乗せて完成。
その後はお店のオーブンで焼いて、子供用ピザのできあがりです。

可愛い箱付き。

作りたてをその場ですぐ食べれます。やっぱり自分で作ったピザは美味しーい!

次は配達員のお仕事に挑戦です。

こちらは3歳から参加可能です。通常は二人一組で協力し合って配達するようですが、人数が少なかったので、一人で出発です!

預かった荷物を地図を見ながら2か所に運んで、受け取りサインをもらって戻ってくるというお仕事。

館内は広いので、なかなか配達先が見つからずに迷ってしまう子も多いようです。

最初は緊張していた息子も1つ、2つとこなしていくうちに、どんどん積極的になっていき、次はこれやりたい~というようになりました。
体験学習の重要性をひしひしと感じます。

次に選んだのがアイスクリーム工場。
理由はただ単にアイスが食べたかったのでしょう。

こちらはコンビニやスーパーでよく見かけるレインボーのアイス『Paddle Pop』を作る体験です。

なにやら液体窒素マシーンを使ってアイスを作るようです。
まずはインストラクターの説明を聞き、マシーンに移動して各工程を手分けして進めていきます。(ボタンを押すと動くので小さなお子様でも簡単にできます)

15分ほどするとアイスができあがり!
自分で作ったアイスのお味はどうでしょう。

なんとシンガポールならではの『バクワ(Bakkwa)』の有名店Fragranceの体験もありました。

バクワが大好きな息子は当然のごとく列に並びます。

実際に火や本物の食材を使うことはなく、あくまでも炙る体験。

ただ子供たちは焦げないように必至です。

記念品はバクワではなくオリジナルペンでした。

その他にはセブンイレブンやセキュリティーオフィサーなどを体験していよいよ一番体験したかった消防隊員コーナーへ。

一番最初にやりたかったのですが、なんと70分待ちと言われたので、夕方まで先に他のものを回ることに。 それでも30分以上待つことに。
皆お疲れの様子です。

いよいよ順番が回ってきました。

憧れの消防士のユニフォームを着せてもらい、まずは記念撮影タイム!

ビデオトレーニングを終えたら本物さながらの消防車に乗り込み出動です!

サイレンを鳴らして到着!
ホースから水が出て、とても本格的。

長時間待ったかいがあります。
息子も興奮冷めやらぬようで、大満足。

この他にも一番人気のカタール航空体験(飛行機が怖いといって体験せず・・・)や歯医者、病院やラジオ局など面白そうなアクティビティが盛りだくさん。

一つのアクティビティが大体20~30分程度かかり、待ち時間が人気のものになると45分~60分ほど。
朝から半日滞在すると大体5~7つほど体験できます。

ただ楽しむだけでなく、他の子供たちと協力して任務をこなすとこによって、考えてり、教えたり、助け合うことを学べるのでたった半日でとても成長したみたい。 

初めてのキッザニア体験でしたが、子供が一生懸命頑張って任務をこなす様子を見ているととても誇らしく、飽きることなく見続けられます。
うちの子は英語でのコミュニケーションが難しいなぁと親が思っても子供はすぐになじんでしますので、心配は無用ですよ。
お昼を過ぎると込んでくるので朝10時から行くのがおすすめです。
この休みの機会に是非行ってみたください

気になるチケット料金ですが、
子供 (3 – 17歳)  当日 S$62.00 オンライン S$58.90
大人 (18 – 59歳) 当日 S$35.00 オンライン S$33.25
シニア (60歳以上) 当日 S$25.00 オンライン S$23.75
3歳以下は無料

チケットのオンライン購入はこちらから
https://ticketing.kidzania.com.sg/

誕生日パッケージもありますので、お子様の誕生日会としての利用もよろこばれるかもしれません。

ZAZ PACKAGE $988
(子供10名分+大人2名分の入場料、パーティーフードプラッター、誕生日ギフト、パーティールーム2時間、100キッゾなど)

KidZania Singapore

31 Beach View, #01-01/02, 098008
電話:6653 6888
ウェブサイト:kidzania.com.sg

メルマガに登録してお得な情報をGET!