1. HOME
  2. ブログ
  3. シンガポールプレグラ情報
  4. 【シンガポールプレグラ情報 vol.2】ちょっと遠出する価値ありのプレグラ『Angry Birds Activity Park』@ジョホールバル
シンガポールプレグラ情報

【シンガポールプレグラ情報 vol.2】
ちょっと遠出する価値ありのプレグラ『Angry Birds Activity Park』@ジョホールバル

シンガポールプレグラ情報vol.2。今回はシンガポールから少しだけ遠出して楽しむプレグラ情報をレポートします。
全世界でシリーズ25億ダウンロードを誇るアングリーバードのプレイグラウンドがジョホールバルの国境を越えたところにあるのをご存知ですか?

友人のシンガポール人に週末JBのプレグラ行かない?と誘われ、かつて遊んでいたあのアングリーバードならおもしろそうね!ということで行ってきました。
場所はウッドランドのイミグレーションを超えてすぐ横のモールKomtar JBCC』の中。 3階まで上がるとダイソーがあり、そのすぐ横に存在感抜群の入口があります。

すでに入口からアングリーバードのキャラクター尽くしです。
ロッカーからなんどゴミ箱まで! これカワイイ~。

入場料は通常レートだと75リンギットなので、25ドル程度。
マレーシアのIDがあると60リンギット(20ドル)です。
今回は友人がオンライン(Travelog.com)でプロモーションを見つけてなんと13ドル! ほぼ半額で行けました。 
もしご興味のあるたはこちらから⇩
https://travelog.com/activities/233-johor-angry-birds-activity-park-admission-ticket-johor

入場にはシンガポールと同じように靴下がマストなんですが、ここは専用のアングリーバード靴下の購入をしなければならないようです。
※友人がまとめて買ったので、値段を聞き忘れましたが、数ドル程度のはずです。
みんなではくとこんな感じ! これはカワイイかも。
息子もニコニコです。

それでは早速中へ入っていきましょう!
※飲み物は靴箱エリアまでしか持ち込めないので、水分は補充してから遊びましょう。

入口からたくさんのキャラキターモニュメントが並びます。
まず入ってすぐに巨大なスライダーがあります。
すでに子供たちは大興奮。
私たちは朝10時の開園と共に入ったのでまだガラガラで、ほぼ貸し切り状態。係りの人もしっかりと見ていてくれるので安心して遊ばせておけます。

カートもあり、4歳児でも問題なく漕げるサイズで、小さい子は親と一緒に載ることもできます。最初は怖がっていた子供たちも、1周して慣れた後はレースさながらの競争が延々と・・・・
何周するの~! 結局10週ほどして汗びっしょりになったところで、次のアトラクションへ。

続いてはターザンのロープを使った飛び込みです。高さが5つに分かれていて、スタッフのお兄さんがしっかりと飛び方を指導してくれます。
最初はビビっていた息子も周りの友達が次々と飛ぼこむのを見て、挑戦!
一回できると子供はもう大丈夫ですよね。最後はロープを使わずに飛び込むまでになってました。 
短い時間で成長を感じられるのも親としては嬉しい限り。
その隣にはトランポリンと綱渡り(スラックライン)があります。
トランポリンは年齢別に3つに分かれており、大人向けのものもあって子供そっちのけで遊んでしまいました。
スラックラインにも挑戦したのですが、自分の運動神経のなさに愕然(泣)
(うん、やらなかったことにしよう!)

続いてはシューティングゲーム。スポンジボールを詰めて空気銃で的を狙います。小さな子供でもボタンを押すだけなので、安心して遊ぶことができます。
大人も十分楽しめちゃいました。

こちらは中に入るとレーザートラップが仕掛けれれており、それをよけて反対側まで向けるというアクティビティ。小さい子は地面すれすれをくぐったら簡単に抜けられてしまうという欠陥はご愛嬌・・・(暗くて写真がうまく取れなかったので、中をお見せできず)

ちょっと大きい子向けにはこんなアトラクションも⇩⇩

一つはバンジージャンプのような飛び降り体験、もう一つはスクーター(キックボード)を使った無重力体験。 こちらは大きな子供のみが挑戦できます。
サッカーのPKストラックアウトもありました。

子供の年齢によっては大きな子供と一緒に遊ばせるのが不安という場合もあるかもしれませんが、心配無用! 小さな子供向けの部屋が別にあります。

なんとここではリアルアングリーバードに挑戦できます。
みんなでブロックを並べて、バランスボードの上から『えい~!』と投げてくずします。 私たちもゲームを思い出してちょっと興奮。 ストレス発散にももってこいなアクティビティでした。

最後はアングリーバードマスコットと記念写真。

入口横にはアングリーバードテーマのカフェがあり、サンドウィッチ(13.70リンギット)やミルクシェイク(11.55リンギット)を取り揃えています。
ただ特にアングリーバード特別デコレーションとかではないので、今回はパス。

お土産ショップも充実していて、ぬいぐるみからTシャツやぱかーなどカワイイキャラものが沢山。ちょっとしたお土産としてキーホルダーはよかったです。

出入りは自由ですが、一日3つのセッションに分かれていて、間に1時間の休憩がはいります。朝から入って、お昼ご飯を食べてまた再入場して一日遊ぶこともできるうえに、大人一人が付き添えばいいのでの、パパが子供を見ている間にママはショッピングというのも嬉しいかも。

このモールの隣にCity Squareという大きなショッピングモールもあり、アパレルや飲食が沢山入っています。 通貨レートの完成でシンガポールの半額から30%オフ(感覚値)でお買い物が楽しめる上に、シンガポールにはないローカルブランドやカフェ、ベーカリーなどが多く入っていてとても新鮮でした。

特に友人おすすめのLavenderというベーカリーのパンが絶品。

ジョホールバルへの行き方は車、タクシーバスなどいろいろあります。
車だと国境を超えるのに数時間かかる場合もあるので、早朝か前日の夜中の移動がおすすめです。 
もし車がない場合はバスが便利。専用レーンがあるので車よりはスムーズで、モールもマレーシア入国検査場となので、とても簡単です。

タクシーの場合は
ブギス駅近くのタクシー乗り場から一人$12で、4名揃ったら出発もしくは4名分を払えば出発してくれます。
人数が多い場合はプライベートハイヤーでバンを呼びましょう!

バスでの行き方は以下を参照ください。
ニュートン駅から
Bus No.: CW5
Newton Circus, Singapore to Johor Bahru Custom
Ticket Price: SGD$ 3.30
Schedule: Daily from 6:00 to 23:30, every 15-30 minutes

クランジ駅から
Bus No.: 170X (blue plate)
Kranji MRT Singapore <–> JB Sentral Bus Terminal
Ticket Price: SGD $1.39
Schedule: Daily from 5:36 to 23:30 (on Saturdays until 00:00), every 5-13 minutes

ジュロンイースト駅から
Bus No.: 160 (blue plate)
Jurong East Interchange (beside the Jurong East MRT) <–> JB Sentral Bus Terminal
Ticket Price: SGD $1.81
Schedule: Daily from 5:30 to 00:00, every 8-17 minutes

個人的なオススメはタクシーでウッドランドチェックポイントまで行き、出国➡バスに乗ってジョホールバルイミグレーションまで行くパターンです。
車やバスでの渋滞を避けれて一番早い移動手段だと思います。
渋滞が気にならない方は

週末お時間ある際はぜひご家族でお出かけしてみてくださいね。

Angry Birds Activity Park Johor Bahru

KOMTAR, Level 3, 80000 Johor Bahru, Johor, Malaysia
OPENING HOURS : 10AM TO 10PM DAILY
Session 1: 10am – 1pm | Session 2: 2pm – 5pm | Session 3: 6pm – 10pm.
 ※同日であれば違うセッションでも再入場可です。
ウェブ:http://www.angrybirdsactivitypark.my/index.html
Email: info@angrybirdsactivitypark.my
Tel:  07-2669924/25

入国に注意が必要なもの

・パスポート(残存期間が6ヶ月以上)
・出国カード(シンガポール在住者はEP-Pass、S-Pass、DP-PassなどのID)
・交通費(EZ-LINKカード、もしくはCEPASカード)

メルマガに登録してお得な情報をGET!