1. HOME
  2. ブログ
  3. 海外でのインテリアの楽しみ方
  4. 海外でのインテリアの楽しみ方 vol.4
海外でのインテリアの楽しみ方

海外でのインテリアの楽しみ方 vol.4

海外でのインテリアの楽しみ方 vol.4
~新年のご挨拶~

こんにちは。 カルトナージュとソフトファニシング(布のインテリア)とタッセルのお教室を主宰しております Atelier PRIMROSEのレイです。 

今回は、リビングルームの快適な過ごし方についてお話させていただきたいと思います。

日本のお家では、リビングルームがフローリングで、和室がお隣にあったりして、床や畳の上でゴロンとくつろいだりできますね。

シンガポールは、南国特有の大理石や人造大理石、テラコッタタイルなどの床です。

大理石は熱伝導率が高いので、乾季の暑い時期は、朝起きた時に床が温まっていたりすると、熱を吸収してくれているのかな。。。と思う時があります。

この硬い床に長時間座ったり、寝転がったりするのはちょっと無理がありますね。

ソファーに誰かが寝転がっていたら、どこに座りましょうか。。。

そんな時にお勧めなのが、花ござカーペットです。

最近の日本の花ござカーペットはモダンなデザインのものが多いので、洋風のリビングにも合うものを探すことができます。

裏にフェルトが付いているタイプのものが特にお勧めで、座った時に柔らかさを感じます。2つに折り曲げてさらに3つ折りになっていますので、トランクに入れて持ってくることができます。

私のアトリエでは、レッスンの後のお茶の時間にソファーではなく、テーブルの周りにお座りになる方が多いので、ここに長座布団を敷いています。

長座布団は、日本のホームセンターなどで販売されています。 

安価で、トランクにも入りますので、一時帰国の時のおすすめアイテムです。

生地は、ストライプや格子、和風の柄の物が多く、ちょっとピンとこないかもしれませんが、
オシャレなカバーをしてしまえば、床にゴロンとするのには最適なアイテムです。

こんな風にソファーカバーやカーテンとお揃いにすることもできます。

ソフトファニシング(布のインテリア)の技術があると、カーテンからソファーカバー、クッションカバー、ランプシェイドなどすべての物を作ることができるようになります。

イギリスでは、今は仕立てやインテリアのプロの方が習う技術になってしまいましたが、インテリアの本にあるようなお部屋を再現できる素敵な習い事です。

すぐにお部屋の模様替えをしたい方にお勧めなのは、
“1mの布から素敵なインテリアコーディネートの実現”のコースです。

カルトナージュとソフトファニシング、タッセルをすべて体験できるコースです。

ご希望の方には、長座布団カバーの作り方もレッスンさせていただきます。

1mの布で、何をメインに作られるのかは皆さんそれぞれです。

クッション、ランプシェイド、フットスツール スタートは違いますが、残った生地でティッシュボックスやリモコンケース、アクセサリートレイなど 使い勝手のいい小物も加えてトータルコーディネートができます。

大家さんの家具で暮らす海外生活でも、あなたらしくお部屋をアレンジしてみてはいかがでしょうか。 Atelier PRIMROSEは、そんな皆さんの あったらいいな。。。 を実現するお手伝いをしています。 ご興味のある方は是非、体験レッスンにいらしてみてください。

どうぞよろしくお願い致します。


カルトナージュ・タッセル・ソフトファニシング教室

Atelier PRIMROSE

イギリス駐在時に出会った素敵なインテリアの数々。それを自分で作れることを知った時の喜びを多くの方たちに伝えたくて始めたアトリエは、12年目を迎えました。カルトナージュやタッセルは身の回りの小物で、ソフトファニシングはクッションや寝具など布のインテリアでそれぞれ暮らしを彩ることが出来ます。講師科コースもご用意しています。

詳しくは教室詳細ページをご覧ください。
https://byst.sg/school/atelierprimrose/

メルマガに登録して
お得な情報をGETする

* indicates required

ブログカテゴリー