1. HOME
  2. ブログ
  3. 海外でのインテリアの楽しみ方
  4. 海外でのインテリアの楽しみ方 vol.3
海外でのインテリアの楽しみ方

海外でのインテリアの楽しみ方 vol.3

海外でのインテリアの楽しみ方 vol.3
~新年のご挨拶~

こんにちは。 カルトナージュとソフトファニシング(布のインテリア)とタッセルのお教室を主宰しております Atelier PRIMROSEのレイです。 

海外でのインテリアの楽しみ方と題して 私なりの楽しみ方のコラムを10月から始めました。 先月は日本に一時帰国をしていて、お休みさせていただきました。

お正月はいかがお過ごしでしたか。 シンガポールで初めて新年を迎えられた方は、
少し拍子抜けしてしまったのではないでしょうか。 

カウントダウンの花火などは盛大ですが、元旦は街も静かで、2日から企業も学校も始まり、ごく普通の日常になります。 

その代わり、旧正月が日本のお正月のように華やかです。

この時期のチャイナタウンは、新年を迎える準備の買い物客で大変混雑しています。

私も先日、干支のお飾りを購入してきました。

今年は、こんなネズミさんのお飾りです。ここ何年かファー使いのものが気に入っています。

福が来ますように。お金がたまりますように。。。

どこの国でも同じように願って、こんな飾りをするのですね。

皆さんは、ご自宅で日本のお正月の雰囲気を演出したりされましたか。

私のアトリエでは、玄関を入ったところから、新年を感じていただくようにしています。

本当は、もう仕舞わなければいけないのですが、旧正月まで毎年飾って、生徒さんたちにも

目で楽しんでいただいています。

和の雰囲気のカルトナージュの作品とテーブルランナーをベースに縮緬で作られた鏡餅やおせち料理、縁起のいい俵飾りなどを一緒に飾っています。

生徒さんが、お教室で季節を感じています。。。 とおっしゃってくださるのを嬉しく思っています。 

今年は令和最初のお正月なので、新しく着物をリメイクした八角形の箱を作って、こんな風にショーイングしてみました。

シンガポールは、風水を重んじる方が多いので、この八角形は運気をあげる形として、生活に取り入れるとよいとされ、いろいろな所で見かけることがあります。

日本でも、末広がりなどと言われ、八は発展や繁栄、幸運の数とされていますね。

私は、縁起物の作品を作る時は このおめでたい数字やモノにこだわるようにしています。

皆さんが住んでいらっしゃるお部屋も、もしかしたらオーナーさんのこだわりの

風水グッズなどがあったりするかもしれませんね。 

八角形の鏡があったら、運気アップや金運アップなど効果的だそうですよ。

綺麗に磨かないといけませんね。(笑) 

縁起のいいとされるものをインテリアに取り入れる。。。 そんなこともシンガポールに住んでいる間の楽しみのひとつかもしれません。

今アトリエでは、シンガポールらしい作品の1DAYレッスンを行っています。

バティックの生地を使ったドアチャームとリボントレイです。

シンガポールの思い出にもなりますが、日本のお宅にも馴染みやすい和テイストも加味した不思議な魅力のある生地です。

詳細はこちらの2つのブログをご覧ください。 
どうぞよろしくお願い致します。

https://ameblo.jp/primrosedoggy/entry-12565449793.html

https://ameblo.jp/primrosedoggy/entry-12565919555.html 


カルトナージュ・タッセル・ソフトファニシング教室

Atelier PRIMROSE

イギリス駐在時に出会った素敵なインテリアの数々。それを自分で作れることを知った時の喜びを多くの方たちに伝えたくて始めたアトリエは、12年目を迎えました。カルトナージュやタッセルは身の回りの小物で、ソフトファニシングはクッションや寝具など布のインテリアでそれぞれ暮らしを彩ることが出来ます。講師科コースもご用意しています。

詳しくは教室詳細ページをご覧ください。
https://byst.sg/school/atelierprimrose/

メルマガに登録して
お得な情報をGETする

* indicates required